「オバマゲート」ロシア疑惑とディープステートの闇(意味,オバマゲートとは,ロシアゲートとは,ヒラリーメール,トランプ,ヒラリー,逮捕,イルミナティ,フリーメイソン,Q,QAnon)[令和TV陰謀論]


このページは約38分で読めます。

 

左吹き出し画像

 前回の投稿からだいぶ開いてしまってすいません…相方と二人でやったんですが、とにかく膨大な情報を整理&編集するのに時間が掛かり過ぎました…^^;

 

 てか話題が話題なんで、適当な事言えないんで(慎重に行くべきかと思ったので)、自然と力入っちゃいましたね。

 

 まぁ今後しばらくはこういった長編動画はやらずに、短かめの動画中心で行きますww(そもそも誰も頼んで無いって話か(;・∀・)ww)

 

↓以下今回の動画についてのコメントです。↓

 今回は、オバマゲートとは何か?という部分から始まり、その他ロシア疑惑やオバマ政権の過去の疑惑の詳細などについて、国内外の様々なサイトから得た情報を色々と噛み砕いてお伝えして行きます。

 

 尚、今回は終始QAnon(トランプ支持者)側の立場に立って、陰謀論的な目線で情報をお伝えしていますが、当チャンネル自体どちら側というのは一切ありません。あくまでもフラットな目線で物事を見るようにしていているので、その辺だけは予めご了承下さいm(_ _)m

 Youtubeチャンネル(令和TV)Twitter(@reiwatv1)を運営しています。「次からも見たい」という方は良ければ登録お願いします。

 

 【当チャンネルについて】令和TVでは、あらゆる「世界の闇」に迫った話題を提供しています。内容は主に炎上・衝撃・タブー系ニュースの他に、ホラー・オカルト・ミステリー・都市伝説など。運営人である私「ヨッシー」と相棒の「よしまる(バーチャル犬)」が共に発信しています。

 

■引用元(参考元)


・(C)The Obama White House – President Obama Welcomes New Joint Chief of Staff Chairman
・(C)Obama calls Michelle (Michael)
・(C)FourJamLions – Obama says What ! ? . . “My Mike” (Michael) um erm um Michelle ?
・(C)TheEllenShow – Ellen and Michelle Obama Break It Down
・(C)Gama Goat – Joan Rivers says, “Obama ‘gay president’ and Michelle ‘transgender'”
・(C)TODAY – Joan Rivers’ Autopsy Reveals Cause Of Death | TODAY
・(C)Global News – Donald Trump’s FULL roasts of Hillary Clinton at Al Smith charity dinner
・(C)Al Jazeera English – ‘Child traffickers’ held in Haiti
・(C)Hillsdale College – Sidney Powell | How to Fix Justice
・(C)AP Archive – Trump: ‘Clinton Created ISIS with Obama’
(C)The Guardian – NSA whistleblower Edward Snowden: ‘I don’t want to live in a society that does these sort of things’
・(C)The Telegraph – Bloodied Colonel Gaddafi filmed pleading with his captors before death
・(C)NTCNATO – Hillary Clinton “We Came, We Saw, He Died” (Gaddafi)
・(C)The Telegraph – Libya conflict: rebels fight their way into Col Gaddafi’s compound
・(C)sam bacile – Muhammad Movie Trailer
・(C)TIMES NOW – US ambassador to Libya Christopher Stevens killed in attack
・(C)The Young Turks – Hillary On Droning Julian Assange: I Was Just Joking! Probably…

 今回、引用元と参考元が膨大な為、その他については記事の末文にまとめて記載させて頂きます。


【PR】Youtubeリンク
令和TV

【PR】Twitter
令和TV

【PR】Tiktok
令和TV


スポンサーリンク

スポンサーリンク

↓当サイト内の検索にご利用ください↓

 滑舌が悪くてすいません。以下、動画の内容を書き起こしているので、聞き取れない箇所(字幕の無い箇所)などがあった時にご利用下さい。(記事の内容によっては、一部伏せ字(○)を使用させて頂いています。) p.s.日々ボイトレをして滑舌向上に努めます~(^o^)/

 

オバマゲートで激化する対立! 前現大統領間で崩された不文律





スポンサーリンク

 

 今ツイッター上を舞台に、トランプ大統領とオバマ前大統領の対立が激化している。

 

 これまで、トランプ大統領はオバマ前大統領の実績とされる医療保険制度改革を廃止したり、イランとの核合意やパリ協定からの離脱などを次々と実行して来た。

 

 そうした中で、5月9日に複数の米メディアがとある音声記録について一斉に報じた。

 

 それは、オバマ前大統領が今回の新型コロナウイルスに関するトランプ政権の対応について、「間違いなくカオス(混沌)的な大惨事だ」と厳しく批判したという内容だ。

 

 更に、オバマ氏は米司法省が元大統領補佐官の「ロシア疑惑」に関する起訴を取り下げた事についても、「法のルールが危機に晒されている」として懸念を示した。

 

 これを受け、トランプ大統領は自身のツイッター上で「オバマゲートで逮捕」と痛烈に反論。この話題に関する投稿は、一時300万件を超えた。


スポンサーリンク

 

 さて、「オバマゲート」とは一体何なのであろうか?

 

 これは、オバマ前大統領の名前と、政治的スキャンダルを表す用語を組み合わせた造語で所謂「オバマ疑惑」という意味になるが、その元々の由来は以下のようになる。

 

※ゲート(gate)の由来

 

 ウォーターゲート事件に由来する。ウォーターゲート事件とは、1972年6月17日に米ワシントンD.C.の民主党本部(ウォーターゲート・ビル)内で起きた、盗聴侵入事件に始まったアメリカの政治スキャンダル。

 

 後に、ホワイトハウスの関与がワシントン・ポストなどの日刊紙によって暴露されて、当時の大統領である「リチャード・ニクソン」が辞任に追い込まれた。

 

 この事から、1974年8月9日に彼が辞任するまでの間の盗聴、侵入、裁判、もみ消し、司法妨害、証拠隠滅などの全ての経過を総称して「ウォーターゲート事件」と呼ばれるようになった。

 

 以後、アメリカでは政界で何かの疑惑が上がる度に、「~ゲート」と呼ばれる事が多い。

 

※ロシア疑惑とは?

 

 2016年のアメリカ合衆国大統領選挙において、共和党のドナルド・トランプ候補(当時)を勝利させる為に、ロシア政府がサイバー攻撃やSNSを使ったプロパガンダといった手段を用いて行ったとされる一連の世論工作や選挙干渉のことを言う。

 

 2017年になり、各報道機関で「ロシアゲート」という表現が使われるようになった。

 

 その後、オバマ氏自身がロシア疑惑の捏造などを始めとした様々な政治的疑惑がある事から、「オバマゲート」という言葉が生まれた。

 

 トランプ大統領はこの「オバマゲート」について繰り返し発言し、またオバマ氏自身や彼が政権内で行って来た疑惑の全てについて言及している。

 

オバマ政権がヒラリー当選の為に「ロシア疑惑」を捏造か!?

 

 事の発端は、元大統領補佐官であった「マイケル・フリン」氏が、ロシア疑惑の中で補佐官に就任する以前の民間人という立場において、ロシア連邦 駐米大使とロシア制裁問題について話し合ったという疑いを持たれた所から始まる。

 

 これが、許可を受けない民間人が外交交渉に介入したという事で、その後彼は「ローガン法」を元に辞任に追い込まれた。

 

※ローガン法とは?

 

 アメリカ合衆国と争っている他国と、政府の許可がない個人が交渉することを禁じた法律。これは政府の意図に反して個人が交渉することを防ぐ目的があり、また違反者へは罰金や禁錮系が定められている。

 

 だがその後事態は一変。2020年の5月7日に、米司法省はロシア疑惑で罪に問われていた「マイケル・フリン」氏について、起訴を取り下げる事を発表した。

 

 更には、トランプ大統領により民主党とFBIが結託してフリン氏を起訴に追い込んだという事が語られ、またオバマ前政権末期に、FBI捜査官らが「偽証させようか」などと話し合う内容のメモが見つかったという事なども明らかにされている。

 

 つまりは、ロシア疑惑に絡んでオバマ政権がFBIを使いトランプ陣営に対して不正なスパイ捜査等を行い、更には「ヒラリー・クリントン」氏当選の為に、ロシア疑惑そのものをでっち上げしたのではないか?という事になる。

 

 実際に、その後トランプ大統領はそのことを裏付けるように、「オバマ政権は私の政権の転覆を狙った。彼らが大きな代償を支払う事を望む」という言葉なども残している。

 

 ※マイケル・フリン氏の起訴取り下げ決定後、彼の弁護人である「シドニー・パウエル」氏は、FOXニュースの取材に対して次のように語っている。

 

 「FBIの捜査官達は、フリン氏が捜査の対象になっていて、尚且つ嘘を付く事が連邦法違反に該当するという事を感づかないように企てたので、フリン氏は全くの無防備のような状態で彼らの罠にはまったのです」と。

 

 また、パウエル氏はこうも語っている。

 

 「このことはオバマ(前大統領)も知っていましたよ」と。

 

 実際に、トランプ大統領が就任する直前の2017年1月にホワイトハウスで行われた会合にて、FBIがオバマ前大統領に対してフリン氏の事(駐米ロシア大使と連絡を取っていた事)について報告をすると、「その事なら知っているが、これ以上詮索はするな。ホワイトハウスとしてフリンをどう扱うべきか考えなければならない」などという風に語ったという。

 

 ※司法省発表の文書より。(詳細は動画の方をご覧下さい。)

 

 尚、この他にも2016年の大統領選挙時に、オバマ政権が実際に干渉していた事実とされる内容なども明らかになっている。

 

 それは、「ヒラリー・クリントン」氏の陣営と民主党が資金を出資し、元英国秘密情報部員の「クリストファー・スティール」氏に対してロシア疑惑に関する嘘のレポートを書かせ、更にそれを理由にFBIや司法省などを使いトランプ陣営の盗聴や情報監視などの妨害行為を行わせていたというものだ。

 

 この事に関して、後にホワイトハウスや共和党関係者の多くは「スティール文書」の内容に全く根拠はなく、また選挙戦時の対立候補に対してただ泥を塗る事だけを目的とした”捏造行為”だとして強く非難している。

 

 尚、この件に関して「ロレッタ・リンチ」司法長官や「ジェームズ・コミー」FBI長官なども関与が取り沙汰されたが、結局 後者のコミー氏に関しては、トランプ大統領就任後に更迭されている。

 

 ロレッタ司法長官においても、その後「ロシア疑惑は無かった」として認めているようだが同様に罪は重いだろう。

 

 何にせよ、オバマ政権が公的権力を利用して大統領選に直接干渉、また本来厳正で中立的な立場でなくてはならない連邦政府が選挙戦に直接介入していたとなれば、かなりの大問題であるという事はまず間違いない。

 

 米国史上最大の政治犯罪の1つと言えよう。

 

※「ケイリー・マケナニー」ホワイトハウス報道官のツイート。(詳細は動画を御覧下さい。)

 

 端的に言うと、オバマ氏が過去にトランプ大統領対して「ロシア疑惑」のデマを押し付け、更にロレッタ・リンチ氏などの関わった人物達が、証拠が無かったと認めたというもの。

 

オバマ前大統領の虚偽だらけ!?だとされる噂の数々に震撼!

 

1.名前が偽名だった?

 

 これは、オバマ前大統領の氏名に関して、公式上では「バラク・フセイン・オバマ2世」となっているが、それがどうやら違う(?)というものだ。

 

 約8年前に、トランプ大統領は彼の本名に関して「バリー・ソウェト」という風に言及し、また高速道路上の掲示板などでもその事を主張する内容などが確認出来る。

 

2.出生地はハワイでは無くケニアだった?

 

 トランプ大統領は、以前からオバマ前大統領に関して「彼の出生地はハワイではくケニアである為、大統領になる資格は無い」という事を訴えていた。

 

 また、ネット上では本物とされる出生証明書なども出回り、更に同じくトランプ大統領により「その出生証明書のコピーが本物だと確認した州保険局長が、何故かその後飛行機事故で一人だけ死んでしまった」という事なども語られている。

 

3.妻が男で子供たちはレンタルだった?

 

 これは、オバマ前大統領が○イであり、妻であるミシェル氏に関しても実は男だった?というものだ。

 

 この事について、アメリカのコメディアン兼女優である「ジョーン・リバーズ」氏が、マスコミの前で暴露した事で一気に公のものとなったが、実際にオバマ氏はこれまで幾度も妻であるミシェル氏について、ついうっかり「マイケル」と呼びそうになっている場面などが、各方面で取り沙汰されている。

 ※マイケル=ミシェル夫人の本名とされている名前。QAnonと呼ばれる極右のネットユーザーらを中心に語られている。

 

※オバマ氏の疑惑映像1(詳細は動画の方をご覧下さい。)

 

 distinguished guests, and men and women of the finest military in the world.(著名なゲスト、そして世界最高の軍人の男女。)

 

 Most of all, Admiral Mullen, Deborah,(何よりもマイク・マレン提督(海軍大将)、デボラ夫人、)

 

 Michael, and I also want to also acknowledge your son Jack, who’s deployed today.(マイケル(?)、そして私もまた、今日配備されている息子さんのジャックに感謝したい。)

 

 All of you have performed extraordinary service to our country.(皆さんは、国の為に並々ならぬ奉仕をしてくれました。)

 

※オバマ氏の疑惑映像2

 

 You know my kids asked me,(子供に頼まれたんだけど、)

 

 They said you’ve got to ask the president,does anything scary him.(大統領に何か怖いものはないか聞いてってね。)

 

 You know well…,When my mi my… Michlle’s mad i get worried.(君はよく知ってるだろうけど…「マイ…」ミッシェルが怒ると心配になるね。)

 

※ミシェル・オバマ氏の疑惑画像

 

 訳(アダム、リンゴを見つけたぞ!)見ての通り喉仏の事であろう。

 

※ミシェル・オバマ氏の疑惑画像2

 

 人差し指よりも薬指の方が長いという事で、これが男性の特徴に当てはまるという事のようだ。

 

 ※アメリカのコメディアン兼女優である「ジョーン・リバーズ」氏が、マスコミの前で暴露?した映像。(詳細は動画の方をご覧下さい。)

 

 Ms,Rivers how are you?(リバーズさん、お元気ですか?)

 

 You made a ton of news officiating the wedding in New York yesterday,Is this like a new cottage career move for you?(昨日、ニューヨークで結婚式の司式をして話題になりましたが、これはあなたの新しいキャリアアップのようなものですか?)

 

 I’m so excited.(とても興奮してるわ。) and I should do very well.cuz I don’t joke.(冗談は言わないから上手く行くわね。)

 

 and Do you think that the country will see the first the Unaited States will see the first gay president or the first woman?(あなたはこの国で最初のゲイの大統領や女性大統領を見る事になると思いますか?)

 

 We already have Obama. (既にいるわよ、オバマ。) so,let’s just calm down.(だから落ち着いて。)

 

 got it.(分かりました。)

 

 You know Michelle is a tranny.(あなたはミシェルがニューハーフって事は知ってるんでしょ。)

 

 I’m sorry she’s a what?(I’m sorry she’s a what!?(え? 彼女が何ですって!?)

 

 Transgender! we all know.(トランスジェンダーよ! 皆知っている事でしょ。)

 

 oh my gosh!(何てことだ!)

 

 oh gosh.It’s okey.(あらまぁ。いいのよ。)

 

 尚、この発言の2ヶ月後の2014年9月某日に、彼女(人気コメディアン兼女優の「ジョーン・リバーズ」)は喉の手術の最中に死亡している。

 

 この他にも、今しがたお伝えした様な理由から、2人の娘達は養子、または友人達の子供をレンタルして来ているのではないか?とも言われているようだ…。

 

4.キリスト教では無くイスラム教徒だった?

 

 オバマ前大統領は、公にはキリスト教徒(プロテスタント)とされているが、実はイスラム教徒であったという事がとある作家によって暴露されている。

 

 彼のツイートを見てみると、オバマ氏のインドネシア時代の学校登録書類とされる画像と共に、彼が「バリー・ソエトロ」という名前で、またイスラム教徒であったという事などが確認出来る。

 

 その他にも、オバマ前大統領の異母兄弟(兄)であるマリク・オバマ氏によって、その事を裏付けるような写真なども公開されている。

 

オバマとヒラリーが協力してISISを設立し人身売買にも関わっていた?

 

 トランプ大統領は、これまで公の場でクリントン財団がハイチにて人身売買していたという事を明かしている他、オバマ前大統領とヒラリー・クリントン氏がISIS(アイシス)設立者だという事などについても言及している。

 

 ※トランプ大統領の演説動画1(詳細は動画の方をご覧下さい。)

 

 everyone knows of course.(もちろん、誰もが知っている事だ。) Hillary’s belief that it takes a Village.(村が必要だというヒラリーの信念を。)

 

 which only makes sense after all in places,(それは結局のところ理にかなってるんだよ。) like Haiti,where she’s taken a number of them.(ハイチのように、彼女が何人も連れ去った場所ではね。)

 

 ※以下、国際ニュースサイトである「france24」の記事(2010年2月)より一部抜粋して紹介。

 

 ハイチ当局は、地震で破壊された国から、ドミニカ共和国へと不法に子供を連れ出そうとした罪で、10人のアメリカ人宣教師達を逮捕したと発表した。

 

 当局によれば、彼らは自分達が子供らの人身売買に従事していたという容疑を否認し、尚且つ「地震によって貧困状態に置かれた孤児達を、ただドミニカ共和国の孤児院へ連れて行って助けようとしただけだ」と主張したという。

 

 尚、その後拘束したアメリカ人らから、子供達が孤児である事を証明する為の書類や国外に連れ出す事を許可した文書などは見つからなかったという。

 

 更に、連れ去られた33人の子供らの多くが、両親から自発的に引き渡された子供達だったという事なども明らかにされている。

 

 その裏には、仲介者として動いた地元の牧師の存在があり、またその牧師が子供らに対して「彼らと一緒に行けばもっと良い生活が出来る」などと語った事実などがあったというが…。

—–抜粋ここまで

 

 尚、その後 機密情報告発サイトである「ウィキリークス」から、主導者である「ローラ・シルスビー」が実は宣教師では無く、クリントン家と非常に密接なNGO(国際協力組織)関係であった事なども暴露されている。

 

 また、ヒラリー・クリントン氏がハイチ政府に圧力を加え、シルスビーを釈放させたとも言われているようなのだが…。

 

 さて、2016年9月にニューヨーク・ポスト紙によって未成年への性的行為について報道され、その後2017年に有罪となった「アンソニー・ウィーナー」という元政治家についてにも注目したい。

 

 彼は、この逮捕でNY市警からノートパソコンを押収されているが、マイケル・フリン氏の弁護人である「シドニー・パウエル」氏によれば、そのパソコンの中には「生命保険」という不可解なフォルダがあり、何とその中には約6万5千通ものヒラリー・クリントン氏や、クリントン財団に関するEメールのやり取りの記録があったという…。

 

 更に、その中にはヒラリー氏の代理として、当時彼の妻であった「フーマ・アベディン(ヒラリー氏の側近中の側近)」氏に対して送ったメールの記録なども多数あったようだが、いずれにしてもそのフォルダ自体に起訴可能な内容がいくつも含まれていたというから驚きだ。

 

 尚、そのメールの中身に関して、屈強なニューヨーク州の捜査官でさえ、嘔吐せずにはいられない内容だったとも言われているようなのだが…。

 

 一節では、以前から欧米では、拷問の恐怖から分泌される「アドレノクロム」という物質が若さを保つという事で、一部のエリート層から絶大な人気を得ているとまことしやかに語られているが、その辺と何かしら関係があるのであろうか…?

 

 何にせよ、相当な闇の深さである事は間違いない…。

 

※トランプ大統領の演説動画2

 

 They have a bunch of dishonest people.(彼らは不誠実な人たちを束ねている。) They’ve created ISIS.(彼らはアイシスを作った。)

 

 Hillary Clinton created ISIS with Obama!(ヒラリー・クリントンはオバマと一緒にアイシスを作ったんだよ!) created with Obama!(オバマと一緒に作ったんだ!)

 

 尚、この発言の裏には、イラク戦争開戦に踏み切った米国の「過ち」と、オバマ氏に対する戦後処理の対応の仕方などへの批判的な意味合い等もあったようで、トランプ大統領はその上で、「オバマ氏は当初よりも大きな混乱を招いた。アイシスはオバマに敬意を抱いている。彼らがアイシスを作ったんだよ」という発言を残している。

 

 更に、この他にもヒラリー・クリントン氏に関して、2011年10月に起きたリビアのカダフィ大佐殺害事件の黒幕だったという事実などについて、その証拠とされる「ヒラリー・メール」と共に挙がっている。

 

※ヒラリーメールとは?

 

 ハッキングにて流出したクリントン陣営のメール数万通の事を指して言う。ヒラリーは公務に関わる内容を私用のメールアドレスを使って送受していて、中には機密情報なども含まれていた。これは連邦記録保持法違反にあたる。

 

 きっかけは、ヒラリー氏の元補佐官である「シドニー・ブルメンソール」という人物のパソコンがハッキングされた事だった。

 

 その後、内部告発サイト「ウィキリークス」によってその大部分が公開された。

 

 その他にも、国家機密情報を何十万件もダウンロードしてロシアに亡命した、元CIA職員の「エドワード・スノーデン」という男によって、問題の「ヒラリー・メール」の一部が世界中の大手新聞社やアメリカ司法省などに送られた。

 

 その流出したヒラリー・メールによれば、彼女は自身の直属の部下であるスティーブンス在リビア米国大使(※クリストファー・スティーブンス:元CIAの特殊部隊の責任者)に対して、「リビアのカダフィを殺害しなさい」といった内容や、「集めた資金の処理をしなさい」といった内容の文面を送っていた事が明らかになっている。

 

※集めた資金とは?

 

 134kgのリビア政府の金塊と、200億ドル(2・4兆円)相当の資金や武器、弾薬など。それをアサド政権打倒の為に、シリアの反体制勢力に引き渡すという内容だった。

 

 その後、スティーブンス大使の指揮の元、アフガニスタン人の傭兵達が大佐の殺害を実行したというが、その2日前に、ヒラリー氏はリビアに電撃訪問している。※傭兵:アルカイダとも言われている。(他NATO軍等)

 

 ※アフガニスタン人の傭兵達と共にと共に、笑顔で写真に写るヒラリー・クリントン氏。この男達が首に掛けている認識カードは、背後に写る米軍輸送機に乗る為の資格証である。(詳細は動画の方をご覧下さい。)

 

※カダフィ大佐の死後…(ヒラリー・クリントン氏の反応)

 

 so I mean that is the land of unconfirmed…(ということは、そこは未確認の土地ということになりますが…)

 

 Yes.We came,We saw,He died!(そうね。「私たちは来た、私たちは見た、彼は死んだ!」)

 

 Did have anything to do with your visit?(あなたの訪問と何か関係がありました?)

 

 No,I’m sure that.(いいえ…きっとね。)

 

 尚、任務終了後、その傭兵達は英雄として首都カブールに凱旋帰国する予定だったようだが、空港にてタリバンの反政府ゲリラのロケット弾にてよって撃墜され、全員死亡したという。これが、一部では口封じの為に殺されたのではないか?とも言われているようだ。

 

 他にも…何やら、国内外のネット掲示板上では、米国やEUがカダフィ政権を崩壊させた理由として、以下のような事などが語られている。

 

1.カダフィー大佐の莫大な資産(借りていた600億ドルなど)を凍結して、自国の負債の穴埋めをする為。

2.アフリカ最大の埋蔵量とされるリビアの石油利権(年間300億ドルの貿易黒字)を奪い取る為。

3.中国・ロシア・ブラジルなどへの牽制。

4.アフリカ・アラブ産油国への見せしめ。

 

 これらの理由の為に、カダフィ政権は倒されたと言われている。

 

 尚、その後2011年から凍結されている故カダフィ大佐の口座から、忽然と100億ユーロ以上もの大金が消え去っていたというのだが…。

 

 更に、その後カダフィ大佐殺害を指揮したとされるスティーブンス大使は、2012年の9月11日に、リビアの東部ベンガジにて過激派の集団によって襲撃され命を落としている。

 

※ベンガジ事件とは?

 

 2012年9月11日に起きたアメリカ在外公館襲撃事件。アメリカで作成された「イノセンス・オブ・ムスリム」という映画が、イスラム教を侮辱するものであるとして、リビアのアメリカ領事館が約2,000人もの”サラフィスト”と呼ばれるイスラム厳格派の武装集団によって襲撃された事件。

 

 この事件で「クリストファー・スティーブンス」駐リビア大使ら4人が殺害された。

 

 スティーブンス大使は、事件当夜オンラインゲームをしていて、「銃撃だ」というメッセージを最後に戻って来なかったという…。

 

 尚、このクリストファー・スティーブンスという人物だが、一節ではヒラリー氏が大統領になった暁には自分もホワイトハウスに入り、「ネオコン(新保守主義=ユダヤ)」派として世界軍事制圧計画の戦略家になれると信じていたという風にも語られていた人物のようなのだが…。

 

 いずれにしても、被害者の一人であるスティーブンス大使は、数時間続いた爆撃による火災が原因で窒息死した。その後何やら民衆によって市中引き回しの刑にあったとも言われているようなのだが…。

 

 尚、当時「アルカイダと繋がりのある人物」の調査が行われていて、ベンガジ大使館はその際に、通常常駐しているはずのCIA職員が2km先の別館にいた事から、セキュリティ対策を懸念してか、国務省に対して警備の強化を申請している最中だったという。

 

 だがしかし、当時 国務長官であったヒラリー・クリントン氏によって、この申請は却下されていたようだ。

 

 更に、当時現場では、統合参謀本部議長であった「マーティン・デンプシー」氏が、万が一に備え大使館付近に特殊部隊を駐留させていたというが、肝心の事件当時にはCIAと共に救援停止命令が下っていたという。

 

 この事から、一部では「クリストファー・スティーブンス」氏さえも、証拠隠滅の為に見殺しにされたのではないか?とも言われているようだ…。

 

 この他にも、ヒラリー氏(陣営)には次の様な疑惑がある…

 

大統領選挙での不正投票疑惑

 

 当時候補者だったトランプ氏が、「大統領選挙にて不正投票がある」と指摘すると、これに対してオバマ氏は「負けそうになって他者を非難するようでは、この仕事には就けない」として批判した。

 

 ではこの疑惑は別として、そもそも選挙戦においてトランプ大統領が発言した不正の根拠はあったのか?

 

 それについて、「プロジェクト・ヴェリタス」という公的機関での悪事を隠し撮りして動画で告発する団体が、一つの答えを導き出してくれている。

 

 そのサイト上の動画によれば、ニューヨーク民主党の選挙委員会検査官である「アラン・シュルキン」氏が、全米教師連合のパーティー会場にて盗撮された映像上で不正投票行為の存在を認め、更に「投票者に対して身分証明書を出せとしつこくは言わないものだよ。本当は身分証の提出を要求すべきなんだろうけどね」と答え、更に「とある地域では少数民族の地域からバスを用意して運んで来る事もある」と、その内情を暴露している。

 

 尚、トランプ大統領は、就任後ホワイトハウスでの会合の際に、共和党の議員団達の前で「(ヒラリー・クリントン氏に対する)300万~500万の不正投票が無ければ、選挙人団の獲得票数だけでなく有権者票獲得数でも自分が上回っていたはずだ」と主張したという。

 

 真偽の程は定かでは無いが、その有権者票数では300万票近くもヒラリー・クリントン氏が当時候補者だったトランプ氏を上回っていた…。

 

※その後のトランプ大統領によるツイート(2017年1月25日)

 

 I will be asking for a major investigation into VOTER FRAUD, including those registered to vote in two states, those who are illegal and even,(私は、2つの州で投票登録されている人々、不法滞在者、そして…)

 

 those registered to vote who are dead (and many for a long time).(更には既に亡くなっている有権者の登録なども含めて(しかも長い間多くの人が)、不正投票の大規模な調査を求めるつもりだ。)

 

 Depending on results, we will strengthen up voting procedures!(結果次第では、投票手続きを強化する!)

 

トランプ氏への選挙妨害疑惑

 

 これは、選挙戦時ヒラリー陣営が、トランプ氏の演説会場に工作員を送り込んで演説の妨害行為をしたという疑惑だが、こちらに関してはその後演説会場で暴れた工作員の通帳記録のコピーから、「オハイオ州のために立ち上がろう」という名前の送金者から疑惑の約200万円弱の政治顧問手数料が支払われていた事実が発見されている。

 

 また、とある工作員の通帳記録からは、「米国の為にはヒラリーを」というヒラリー候補の公認組織から、約20万円が振り込まれた事実なども発見されている。

 

ウィキリークス創設者暗殺疑惑

 

 機密情報告発サイトである「ウィキリークス」の情報によると、ヒラリー氏が創始者である「ジュリアン・アサンジ」を「ドローンにて暗殺出来ないか?」と政府高官らの前で語ったという内容が暴露されている。

 

 この裏には、極秘通信内容から出てくる行政府の被害を最小にするという目的があったようだが、国務省の内部通報者によれば、ヒラリー氏は国務省高官との早朝会議にて冴えない提案内容に終始イライラしていて、ついには「この男をドローンにて抹殺出来ないのか?」と軍事ドローンによる暗殺プランを提案したという事だ。

 

 これを聞いた出席者らは、当初冗談だと笑っていたようだが、真顔で話し続けるヒラリー氏の表情を見て、すぐにその笑顔は消えてしまったという…。

 

※騒動後のニュース(記者会見)映像

 

 listen to her hondenial.(では彼女の否定に耳を傾けてみましょう。)

 

 Do you ever joke about Drone?(ドローンについて今まで冗談で言った事はありますか?)

 

 I don’t know anything about what he is talking about, and I don’t recall any joke(私には彼が何を言っているのかが全く分からないし、ジョークを言った覚えもないわ。)

 

 It would’ve been a joke, if it had been said,but I don’t recall that.(もし言っていたら冗談のつもりだったんだろうけど、覚えていないのよね。)

 

 Oh…,She said it….(ああ、彼女は言ったんだ…) Fufufufu…,Okey.(wwww…オーケー。)

 

ロシア疑惑に関与したヒラリーが起訴されオバマも逮捕間近!?

 

 さて、先日ロシア疑惑に関して、ヒラリー氏が関与していたという事をクリントン陣営の弁護人であるマーク・エリアスが証言したという事で話題になっている。

 

 この事で、ヒラリー氏が逮捕・起訴という流れになれば、当然そこから関与していた人物が次々と明らかになり、最終的にオバマ氏逮捕という流れにもなるだろう。

 

 何にせよ、今回紹介した情報がどこまで事実なのかは不明ではあるが、いずれにしてもトランプ大統領が就任前からオバマ氏に関しての嘘を指摘し続けていたという事は紛れもない事実なのである。

 

 尚、そんな彼に対して耳を貸す人が少なかったのは、「ディープステート」と呼ばれる闇の政府が裏で事実をもみ消していたからだとも言われている。

 

 このディープステートとは、選挙によって正当に選ばれた政府とは別次元で動く隠れた政府、または既存の政府の中に隠れた政府を構成している人物達を表す言葉であるが、元々はロスチャイルドやロックフェラーといったユダヤ系の人々を中心に作られたとも言われている。

 

 その為、彼らの司法省や国務省内での影響力は凄まじく、またFBIやCIA、NSAといった情報機関の中枢にもその力は浸透しているとも言われている。

 

 何にせよ、フリーメイソンやイルミナティなどもこのディープステートの一部組織とも言われている通り、その影響力の程は計り知れない。

 

 彼らのやり方は、自分達にとって不都合な存在や真実を語ろうとする者達を、徹底的に排除するというやり方だ。米大手マスコミが一体となって「アンチトランプ」ムードを蔓延させていたのもこの為である。

 

 また、日本においても「オバマゲート」に関する話題がメディア等ではほとんど報じられず、また報道されたとしても陰謀論のように扱われてしまっているのは、このディープステートがメディアや政権内に深く入り込んでしまっている為とも言われている。

 

オバマも過去に出席? 世界はビルダーバーグが動かしていた!?

 

 さて、 今しがたお伝えした「ディープステート」という言葉に関連して、最後に「ビルダーバーグ会議(ソサエティ)」という言葉についても言及したい。

 

※英国放送協会の報道番組「BBC News」より一部抜粋。

 

 What is the Bilderberg Meeting?(ビルダーバーグ会議とは?)

※映像(詳細は動画の方をご覧下さい。)

 

 The Bilderberg Annual Meething.(ビルダーバーグ会議の年に一度の会議。) billed as the most secretibe meeting in the world.(世界で最も秘密な会議と言われている。)

 

 no minutes. no Press reports.no interviews.(議事録も報道もインタビューも無い。) Critics say meeting used to design’NEW WORLD ORDER'(批評家は「新世界秩序」の設計の為に行われている会議だと言ってる。)

 

 US and European business&political leaders attend.(欧米とヨーロッパのビジネス&政治のリーダーらが出席。) attended in past.(過去に出席している。)

 

 This year 133 attendees including……(今年は133名の参加者がいた。) Henry Kissinger&Eric Schmidt.(ヘンリー・キッシンジャー&エリック・シュミット。)

 

 Topics for discussion.(討論の題目。) Cyber security, Russia, terrorism(サイバーセキュリティ、ロシア、テロリズム。)

 

 もう少し掘り下げてお伝えすると…

 

 この「ビルダーバーグ会議(ソサエティ)」とは、世界的に影響力を持つ人物や企業などが一堂に会する国際的な秘密会議の事を指して言うが、参加者が王族や政府要人、または経済界の有力者等で構成されている事から、「影の世界政府」や「世界の行く末を決める会議」とも言われている。

 

 このビルダーバーグ会議について、アメリカの陰謀論研究家であり「Behold a Pale Horse(ビホールド・ア・ペルホース)」等の著者として知られる「(故)ミルトン・ウィリアム・クーパー」氏によれば、彼らがイルミナティを支配し「フリーメイソン」や「スカル・アンド・ボーンズ」といった友愛・秘密結社らを動かし、新世界秩序を実現させようとしているというのだが…。

 

 何にせよ、こういった陰謀論が、近年一人だけではなく複数の人物達によって語られている背景には、やはり何かしらの共通した事実が少なからず関係しているのかもしれない。

 

 それだけ、我々大衆が知り得ている情報は氷山の一角で、世の中にはまだまだ知られていない様な情報が隠されているという事であろう…。当チャンネルでは、引き続きそういった部分について深く掘り下げて迫って行きたい。

 

 尚、この「ミルトン・ウィリアム・クーパー」氏だが、自身の死を前に開いたとある講演上にて、次の様な言葉を残している。

 

 「私は皆さんがどのように受け止めようと気にしませんし、私の事をどのように呼ぼうとも気にはしません。ただ、私には公衆に対して情報をお伝えする義務があるのです。私は今その責任を果たしました。次はあなた達の番です」と…。

 

「オバマゲート」ロシア疑惑とディープステートの闇-終わりに-

 

 Hope you had fun investigating me.Now it’s my turn.※訳:(私の調査を楽しんでくれたかな? 今度は私の番だ。)

 

 さて、本日最後となるが、トランプ大統領は今回のオバマゲート発言に関連して以下のような言葉を残している。

 

 「元大統領が捜査されると言う不名誉な事が起きた。これはアメリカの歴史上最も酷い犯罪だ。近々一般に公開されるが、君達メディアが正直に真実を伝えてくれる事を願う」と…。

 

 という訳で、仮にオバマ氏が身分を偽り大統領に就任し、更に当時大統領という立場でありながらスパイ行為にまで加担していたとなれば、これはウォーターゲート事件などを遥かに凌ぐアメリカ憲政史上最悪の政治スキャンダルの1つと言えるのではないだろうか?

 

 ※Why was flynn’s identity leaked – A CRIMINAL ACT – to the press? ※訳(何故フリンの身元がマスコミにリークされたのか? -犯罪行為-)

 

※トランプ大統領の記者会見映像(詳細は動画の方をご覧下さい。)

 

 Mr. President, in one of your Mother’s Day tweets you appear to accuse President Obama of ‘the biggest political crime in American history by far.’ Those were your words. What crime exactly are you accusing President Obama of committing, and do you believe the Justice Department should prosecute him?(大統領。あなたは母の日のツイートで オバマ大統領を「アメリカ史上最大の政治的犯罪」として非難めいた言葉を述べられていましたが、オバマ大統領が犯したと非難している犯罪とは何ですか? 司法省は彼を起訴すべきだと思いますか?)

 

 Obamagate. It’s been going on for a long time. It’s been going on from before I even got elected. And it’s a disgrace that it happened.(オバマゲート。それは長い間続いている。私が当選する前から続いていて、その事が起きたこと自体が不名誉な事だ。)

 

 And if you look at what’s gone on, and if you look at now, all of this information that’s being released. (そして、何が起こっているのかを見れば、今何があったのかを見れば、全ての情報が公開されている。)

 

 And from what I understand, that’s only the beginning. (私の理解ではこれは始まりに過ぎない。)

 

 Some terrible things happened, and it should never be allowed to happen in our country again.(いくつかの恐ろしい事が起きた。二度とこの国では起きてはならない事だ。)

 

 And you’ll be seeing what’s going on over the next — over the coming weeks. (これからの数週間の間で何が起こっているのかを見る事になるだろう。)

 

 But I — and I wish you’d write honestly about it, but unfortunately, you choose not to do so.(私はその事について正直に書いてくれる事を願っているが、残念ながら君はそうしないことを選んでしまっている。)

 

 yeah gently please.(ええ、お手柔らかにね。)

 

 What is the crime exactly that you’re accusing him of?(彼の告発について正確には何の罪なんですか?)

 

 You know what the crime is. The crime is very obvious to everybody. All you have to do is read the newspapers,except yours.(君は何の罪なのか知っているはずだ。犯罪は誰の目にも明らかだ。ただ新聞を読めばいいだけの事だよ。君のとこを除いてね。)

 

 尚、今回トランプ大統領が発言した「オバマゲート」について、米国の多くの評論家からは「中国へのコロナ批判と同様に、ただトランプ氏が今回の選挙に向けた競争が激化する中で、コロナウイルスによるパンデミックと経済崩壊という失態から、有権者の注意を反らしたいだけだ」と言う声なども挙がっているようなのだが…。

 

 何にせよ、トランプ大統領が演説にて語った通り、近い内に真実は明らかになって来る事であろう。その時またその詳細を動画としてお伝えしたい。

 

 ※尚、今回のお伝えした情報の中には真偽不明なものもある為、その信憑性について全てを証明するものではありません。また、一個人の感情として、特定の政権や人物等に対して攻撃する意図なども一切ありません。

 

■引用元(参考元)続き


○引用元
・(C)syracuse.com – President Trump – Jim Acosta press conference
・(C)NAC DAN – Real illuminati -The Bilderberg Group
・(C)BBC News – What is the Bilderberg Meeting?
・(C)kip399 – William Cooper – Lansing Michigan Lecture (1996)
・(C)skyliquid2003 – William Cooper: The U.S. UFO And Alien 1-10
・(C)Guardian News – ‘You know what the crime is’: Trump stumped on Obamagate details
・(C)Michael Flynn’s attorney: The case has been a travesty of justice from the get-go | On Air Videos | Fox News
・(C)c-span.org
・(C)infowars
・(C)Anthony Weiner is out of prison after being jailed for sexting girl | Daily Mail Online
・(C)CNNPolitics – Election fraud: Donald Trump falsely claims ‘millions’ of illegal votes cost him popular vote
・(C)Project Veritas – HIDDEN CAMERA: NYC Democratic Election Commissioner “I Think There Is A lot of Voter Fraud”
・(C)USA TODAY – Trump vows ‘major investigation’ into alleged voter fraud
○参考元
What is Obamagate? What Donald Trump has said about Barack Obama on Twitter, and the feud over Michael Flynn explained | The Scotsman
Justice Department to drop case against Gen. Flynn – The Highland County Press
Flynn lawyer wants prosecutors to turn over cellphones from mysterious professor linked to Russia probe | Fox News
HUGE! Clinton Campaign Attorney Mark Elias Admitted in Testimony He Sent the Bill from Fusion GPS for Dossier Directly to Campaign Manager Robbie Mook
Hillary Clinton Should Take Blame for Disastrous Libyan Intervention | The New Republic
Authorities question suspected US child traffickers
True Pundit – Under Intense Pressure to Silence Wikileaks, Secretary of State Hillary Clinton Proposed Drone Strike on Julian Assange &ndash
The William Cooper Files
About bilderberg meetings
Former White House photographer shares ‘Obamagate’ images as proof of Obama’s heinous crimes
What exactly is “Obamagate?” – CGTN
Seth Meyers to the Media: Forget About Trump’s “Obamagate” Obessession | Vanity Fair
This far out….Michelle is Michael the man ?????
トランプ大統領とアメリカの真実
【正論8月号】日本のマスコミが報じないトランプ・ロシア疑惑の真実 ~リベラルたちの“国家犯罪” オバマ・クリントン・ゲート 国際政治学者 藤井厳喜 – 産経ニュース
トランプ氏、FBI批判強める 元側近の起訴取り下げ:日本経済新聞
ロシア疑惑文書の筆者、トランプ氏への恐喝懸念 議員が証言公開 – BBCニュース
ロシア疑惑で渦中の調査報告書、クリントン陣営が資金提供 米紙 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
FBIが仕掛けた罠にオバマ前大統領も関与か?「ロシア疑惑」大物の起訴取り下げで泡と消えた5億5000万円
トランプ氏、「大統領選で不正投票があった」と固執 報道官は根拠示さず | ハフポスト
トランプ大統領、FBI長官を更迭 ジェームズ・コミー氏 | ハフポスト
「逮捕秒読み」の大統領候補 ヒラリー・クリントンが嫌われる真の理由 | マネーボイス
NATO軍、カダフィ大佐の事務所を空爆 リビア 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
CNN.co.jp : トランプ氏、「オバマ氏はISIS創設者」 クリントン氏反論
クリントン前長官の「極秘」メール、政府発表と矛盾 米領事館襲撃 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

 

The following two tabs change content below.
運営Youtubeチャンネルの更新情報を紹介。令和TVでは、あらゆる「世界の闇」に迫った話題を提供しています。内容は主に衝撃・タブー・炎上ニュース・ホラー・オカルト・ミステリー・都市伝説などです。運営人である私「ヨッシー」と、相棒の「よしまる(バーチャル犬担当者)」が共に2人で発信しています。

 今回の記事が何かのお役に立てましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると幸いです。

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 コメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽に感想を書いて頂けたらと思います。(ただ、お手数ですが、スパム防止のため画像認証文字の入力だけお願いします。)

 皆さんの知っている情報や体験談などを書いて頂いて、有益な情報を共有して頂ければと思います!

🔻記事内容に一言突っ込む!or知っている情報(体験談)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、編集スタッフのチェック後に掲載しておりますので、即時には反映はされません。また、暴力的な内容や中傷などを含む投稿は事前に削除しますので、予めご了承下さい。

 

左吹き出し画像

 ただいま準備中です。

 

 ただいま準備中です。

 

 ただいま準備中です。

 
準備中
 

最近のコメント

    error: アラート: コンテンツは保護されています。