【武漢】新型コロナウイルスの真実(最新,真相,倒れる,症状,日本,生物兵器,都市伝説)[令和TV闇情報]


このページは約15分で読めます。

 

左吹き出し画像

 今回は、国内外での更なる感染拡大が懸念されている新型コロナウイルスに関する情報について、自分なりに掘り下げてまとめてみました。動画の後半では、メディアでは一切報道されていない様な内容についても紹介していますので、是非最後までご覧頂けたらと思います。

 

 p.s.あくまでも現状を伝える為であり、不安を煽るような目的は一切無いという事だけ事前にご理解ください。それと、次回への励みとなりますので、よければ動画への高評価やシェアの方をよろしくお願いしますm(__)m(コメントもお待ちしております。)

 

 p.p.s.武漢の生鮮市場の映像ですが、投稿後にインドネシアの映像である可能性がある事が分かりました。申し訳ございません。
ただ、僕の引用元では中国武漢と書かれていたのと、その後中国サイトで調べた、武漢の生鮮市場で実際に売られていた野生動物の内容もほぼ映像と一緒なので、そのまま掲載させて頂きます。(こんな感じのが売られていたんだな~という感じで御覧ください。)

 Youtubeチャンネル(令和TV)Twitter(@reiwatv1)を運営しています。「次からも見たい」という方は良ければ登録お願いします。

 

【当チャンネルについて】令和TVでは、あらゆる「人間の闇」に迫った話題を提供しています。内容は主に炎上・衝撃・タブー系ニュースの他に、ホラー・オカルト・ミステリー・都市伝説など。運営人である私「ヨッシー」と相棒の「よしまる(バーチャル犬)」が共に発信しています。

 

■引用元(参考元)


○引用元
・(C)Liveleak.com – Exotic animal food in Wuhan-China is the Main Cause of CORONA VIRUS ? https://www.liveleak.com/view?t=CJwfc_1580239584
・(C)Liveleak.com – Whos up for some Chinese? https://www.liveleak.com/view?t=9VW5D_1580382809
・(C)Liveleak.com – How dare you not wearing a mask? https://www.liveleak.com/view?t=u4nYJ_1580652435
・(C)一撕就碎!九江查获5万个劣质口罩_一手实拍-梨视频官网-Pear Video https://www.pearvideo.com/video_1647171
・(C)Liveleak.com – Chinese man spotted covering his head with plastic bottle at train station during coronavirus outbreak https://www.liveleak.com/view?t=k7JQ3_1580298126
・(C)Liveleak.com – China: Coronavirus outbreak turns Wuhan into ghost town https://www.liveleak.com/view?t=WnLD_1580224840
・(C)kaotic.com – Sharing coronavirus https://www.kaotic.com/video/qFDoSVVG_2020229030042_t
・(C)ИНТЕРЕСНОЕ И ШОКИРУЮЩЕЕ – 中国の人々は死んでしまいます。武漢。コロナウイルス https://www.youtube.com/watch?v=3fKTZuY6KxM&t=51s
・(C)YouTube – コウTV – コロナウイルス震源地武漢から命がけで上げた動画 「和訳」 https://www.youtube.com/watch?v=Mcfn5Eh5OVE&feature=youtu.be
・(C)YouTube – 李真実 https://www.youtube.com/watch?v=pj45VVHBfPA&feature=youtu.be)YouTube – 李真実 https://www.youtube.com/watch?v=pj45VVHBfPA&feature=youtu.be
・(C)StepInDaSpotステピ – 武漢在留、白人の英語教師、武漢封鎖の恐怖状態からの近状。1 https://www.youtube.com/watch?v=goQCE8-_qcg
・(C)StepInDaSpotステピ – 中国の圧力に絶叫した記者、公安が両親にも手を出す③ https://www.youtube.com/watch?v=a7CShJ9oJw8
・(C)Liveleak.com – They are gearing up for something. https://www.liveleak.com/view?t=CAPIl_1580569457
・(C)新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省
○参考元
【2020年2月最新版】今さら聞けないコロナウイルスってなに?対策方法はあるの?? | 家電小ネタ帳 | サポート | 株式会社ノジマ
感染が拡大する新型コロナウイルスには、「突破口」も見えつつある|WIRED.jp
東京都感染症情報センター » 新型コロナウイルス感染症Q&A Ⅰ 新型コロナウイルス感染症の基礎知識
新型肺炎で注目、中国の野生動物ブラック市場 武漢も重点区域 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
中国、新型肺炎の死者600人超 感染者3万人、相互監視進む(時事通信) – Yahoo!ニュース
李文亮 – Wikipedia
感染源はコウモリか、SARS治療利用も…中国科学院チーム : テクノロジー : ニュース : 読売新聞オンライン


【PR】Youtubeリンク
令和TV

【PR】Twitter
令和TV

【PR】Tiktok
令和TV


スポンサーリンク

スポンサーリンク

↓当サイト内の検索にご利用ください↓

 滑舌が悪くてすいません。以下、動画の内容を書き起こしているので、聞き取れない箇所(字幕の無い箇所)などがあった時にご利用下さい。(記事の内容によっては、一部伏せ字(○)を使用させて頂いています。) p.s.日々ボイトレをして滑舌向上に努めます~(^o^)/

 

 2019年の12月以降、中国湖北省・武漢市の人々を中心に、新型コロナウイルスに感染する患者が継続的に報告されている。

 

 このウイルスは既にヒト-ヒト感染も確認され、アメリカ・メリーランド州にあるとある大学が作成したリアルタイム拡散状況によると、中国を発端に、日本、アメリカ、韓国、台湾、オーストラリアなど、約27ヵ国の国と地域での感染例が報告されているようだ。


スポンサーリンク

 

 また、死亡が確認された患者についてはこれまで中国国内にとどまっていたが、今月に入り新たにフィリピンや香港などでも確認された事から、今後の更なる拡大が懸念される。

 

 いずれにしても、世界保健機関(WHO)が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と最高レベルの警告を発表したことから、もはやこの新型ウイルスは世界的な流行の兆しの一途を辿っていると言っても過言では無いだろう。

 

 尚、2020年 2月4日時点での死者の数は約430人と言われ、感染患者の数については約2万人越えとも言われている…。


スポンサーリンク

 

武漢の知られざる真実 ~新型コロナウイルスの驚異~




 

 さて、この新型コロナウイルス。この名の由来は、表面の突起形態が王冠(太陽のコロナ)に似ている事からそう名付けられたようだが、いずれにしても、哺乳類や鳥類などに感染するウイルスとして知られ、人間が感染すると呼吸器感染症を引き起こすと言われている。

 ※コロナ=ギリシャ語で王冠を意味する。

 

 このウイルスのこれまでの問題として、未知のウイルスであるが為にワクチンが存在せず、尚且つ正確な潜伏期間や感染力の程度および致死率が不明だった事に加え、通常のインフルエンザが流行する季節と重なっているという事も、症状の診断を困難にしている原因の一つとも言われて来た。

 

 この新型コロナウイルスについては、人間へ感染するウイルスが6種類あると言われていて、その内の4種が一般的な風邪を引き起こす原因(10~15パーセント)とされ、残る2種は、SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)など、症状の重篤化を引き起こす原因とされている。

 

 具体的な症状としては、比較的軽微なもので軽い発熱や咳などの呼吸器症状を引き起こすと言われているが、重症化すると肺炎や呼吸困難などを引き起こし、最悪死に至るとまで言われている。

 

 また、一般の風邪であれば発症から数日で症状が緩和されて行く事が多いが、この新型コロナウイルスは発症から7日程度を過ぎた頃から、症状が悪化する傾向があるという報告がされている。

 

 感染経路については、ウイルス保有者からの「飛沫感染」や、ウイルスに汚染された環境に触れる事で発症する「接触感染」などが挙げられるが、一部では目の粘膜から感染するといった情報なども出ている。これはSARSでの感染報告例を基にしたものだ。

 

 尚、ウイルス感染から症状発生までの期間を「潜伏期間」と呼ぶが、この新型コロナウイルスの潜伏期間はこれまでのSARSやMERSの例から、最大14日程度ではないかと言われている。

 

 感染力については、世界保健機関によると、およそ一人の感染者に対して1.4~2.5人とも言われているが、一部の専門家の間では「スーパー・スプレッダー」の出現を予測する声なども挙がっている。

 ※スーパー・スプレッダー=自覚症状無しで感染を大規模に拡大する患者。

 

 それと、この新型コロナウイルスは2月1日付けで指定感染症として定められた為、感染が確認された場合はすみやかに都道府県知事の勧告に従う必要がある。これは感染症法に基づいたものだが、いずれにしても、都道府県が就業制限や入院等の勧告等を行う事が出来る様になる為、それに従う必要がある。

 

 尚、新型コロナウイルス感染症に対する防衛策としては、風邪やインフルエンザなどと同様に、マスクでの表面保護や手洗い等での感染症対策が重要とされている。

 

 また、この新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスなどとは異なり、アルコール消毒が有効的であるとも言われている為、除菌シートを使用する事なども一定の効果があるとされている。

 

 他にも、ウイルス全般として、髪や顔などに付着する傾向にあると言われているが、特に女性の場合は化粧品の油分でウイルスが付着しやすくなるとも言われている為、お風呂で一気に汚れを洗い流す事が最も効果的であるとも言われている。

 

 このように、アウトブレイク(集団感染)が発生した際には、症状の把握や対策などのデータ共有が公衆衛生上欠かせないものになって来るが、中でも感染源の情報については、より重要なものとなって来るであろう。

 

 先月には、ウイルスのゲノム配列(全遺伝情報)を解析した結果、蛇が最も有力な説であるという論文なども発表されたようだが、いずれにしても、これまで武漢の市場関係者から多数の患者が出ているという事を鑑みても、ネズミやコウモリといった野生動物の線が濃厚とされているようだ。

 ※感染患者5人から検出されたウイルスのゲノムの配列が、コウモリが保有するコロナウイルスと96%合致した。

 

 尚、この武漢 生鮮市場では、これまで生死に関わらず多数の外来種を含む動物が売られて来ようだが、その衛生状態は極めて悪かったとされている。

 ※厳密には、市場の西にある野生動物を販売している一角。西区の「七街」と「八街」に面する場所には、多数の野生動物を販売する店舗が集まっているとされている。

 

 疫学者によれば、この生鮮市場のいずれかから、動物が保有する新型コロナウイルスが人間へと感染したのではないか?と言われているという。

 

 いずれにしても、患者の大多数に現地の生鮮市場との関連性が見つかっている事から、この説は有力であるとされているようだ。

 

 尚、このような事もあり、その後この生鮮市場は1月1日付けで閉鎖へと追い込まれた。

 

 さて、現在この新型コロナウイルスに対する有効な治療薬は無いとされている為、対症療法が最も有効な手段とされているが、国内では新型コロナウイルス感染症の重症患者を出来るだけ早く探知し、尚且つ専門医等の適切なメンバーで治療指針を作る事が最も重要視されている。

 ※対症療法=患者の出た症状に対して、とりあえずの軽減処置をする療法。現れた症状に即して行う治療の為、根本的な解決には至らない。

 

 米国では、研究所やワクチンメーカーなどがウイルスの遺伝情報を解析し、公的なデータベースで公開している為、着実にワクチンの研究開発は進んでいるという。

 

 大量のワクチンの生産についても、「ニコチアナ ベンタミアナ」という植物を用いて遺伝子組み換えたんぱく質製造技術を用いれば、約5週間から6週間程度で臨床使用が可能なワクチンを製造出来るとの事だ。

 

 という訳で、ここからは海外の衝撃映像共有サイトや、掲示板などで話題になっている動画について解説を交えてお伝えして行こう。これが、新型コロナウイルスのリアルな現状だ。

 

 こちらは、今回の新型コロナウイルスの拡散原因とされている武漢のとある生鮮市場の映像だ。映像内ではネズミやコウモリ、蛇などの野生動物が不衛生な状態で売られている事が分かる。(詳細は動画を御覧ください。)

 ※厳密には市場の西にある野生動物を販売している一角。西区の「七街」と「八街」に面する場所には、多数の野生動物を販売する店舗が集まっているとされている。

 

 また、その他にも、食の安全への疑問を抱かずにはいられない様な映像も、多数各所に投稿され話題になっている。

 

 この他にも、この新型コロナウイルスの現状を危惧してか、住民による消毒散布や交通封鎖などの自衛手段も中国各所で展開されている。

 

 また、中国の一部地域では、マスクをせずに外出した住民に対して、ドローンによる警告なども行われているという。

 

 こちらは、2020年の1月28日に、貴州省に住むとある男性がSNS上に投稿しその後ニュースサイトに取り上げられた映像だが、この様な粗悪なマスクがなんと40枚で2,000円程度で売られているという…。尚、その後このマスクは警察によって押収された。

 

 こちらは、2020年の1月26日に、山東省イ坊市にあるとある駅構内で撮影された映像と見られているが、この映像を見ても分かる通り、男性が大きなプラスチックのボトルの様な物を頭から被っている様子が映し出されている。

 

 尚、中国では「新型コロナウイルスから身を守る為には目の保護も必要不可欠」と言うことで、各所で同様のボトルを被った人達が目撃されている…。

 

 こちらは、つい最近撮影された武漢市の高速道路上のタイムラプス映像であるが、ご覧の通り地元民に対して車での外出禁止令が出された事もあり、ゴーストタウンのような状態になっている。

 ※武漢市では、現在許可された車意外、車での通行が禁止されている。

 

 こちらは、海外のとあるサイト上にて、「コロナウイルスを染す方法」として出回った恐ろしい動画である。

 

 真偽不明だが、映像内ではコロナウイルスに感染したと見られているデリバリー業者が、なんとエレベーター内で客の料理に唾を吐き入れるという信じがたいような光景が映し出されている。

 

 中国国内では、今至る所で新型コロナウイルスが原因で突然倒れる人が続出しているという。映像の数々はいずれも新型コロナウイルスに関連しているとされる動画だ。

 

 こちらは、中国の武漢市に住むとある男性の映像を、その後第三者が日本語字幕を付けYoutube上に再アップロードしたものであるが、映像内ではマスク姿の男性が武漢のリアルで切実な状況を訴えている。重要な部分のみ抜き出したので、ご覧頂きたい。

 

 他にも、武漢のリアルな現状を伝える人物達の動画が、各所で投稿されている…。

 

 尚、最新の情報では、新型コロナウイルスによる被害が最も深刻化する中国の武漢にて、当局の公表前にその危険性についてSNS上で警鐘を鳴らし、その後警察から処分を受けていた李文亮医師(34)が、この度新型コロナウイルスによる肺炎が原因で死亡した。

 

 中国メディアによると、李さんは昨年の12月30日に新型肺炎の陽性反応が出た患者がいることを知り、その後SNS上に感染拡大への警鐘を発したところ、その後警察に呼び出され、「事実でない情報を広め社会秩序を乱した」として訓戒処分を受けていたという事だ。

 

 李さんは、これまで中国当局が「ヒト-ヒト感染はない。よって院内感染はない」としていたことに対し、疑問を呈していた。

 

 ネット上では、今回の件を受け李さんの行動に対する称賛と哀悼の声が相次いでいる一方、当局に対して「感染対策の遅さを今更後悔しても遅い」という批判の声が高まっている。

 

 こちらは、とある動画共有サイト上にて公開された「彼らは何かの為に準備を進めています。」と第された動画だ。映像内では防護服を来た警官らしき人物達3名が映っているが、その手に持っている物は…。

 

 この動画を編集している現在、犠牲者の数は更に増え続け、中国国内での新型コロナウイルスによる死者は600人を越え、感染者の数は延べ3万人以上にも達しているという。

 

 尚、厚生労働省の新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)を見てみると、以下の様に記載されている。

 

 「14日以内に湖北省への渡航歴がある方あるいはこれらの方と接触された方」ではない場合は、お近くの医療機関を受診してください。

 

 湖北省への渡航歴や感染が明らかな方との接触歴などがあり、発熱や咳などの症状がある方については、最寄りの保健所等に設置されている「帰国者・接触者相談センター」にお問合せください。

 

 「帰国者・接触者相談センター」において、武漢市を含む湖北省への渡航歴や感染が明らかな方との接触歴などを確認し、発熱や咳などの症状がある方については、「帰国者・接触者外来」を設置している医療機関をご案内します。

 出典:新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省

 

 ご覧の通り、14日以内に湖北省への渡航歴がある者、もしくはこれらの者達と接触があった者以外は、近くの医療機関を受診する旨が記載されているが、現状はクリニックなどの町医者が新型肺炎の疑いを抱き検査を試みようとしても、検査機関からは「国が示した基準に当たらない」として断られているようだ。

 

 要するに、肺炎の治療を施し改善が見られない場合、通常とは違う肺炎、つまりこの新型肺炎が疑われる訳なのだが、そのように例え医師が判断したとしても、検査出来ない、またはしてもらえないという事になる。

 

 現場がそう判断したとしても、国が決めた基準を杓子定規に適用して治療されない。今日本全国の医療現場でこういった現象が起きているという。

 

 これを受け、ネット上では

 「隠蔽にならぬよう、検査自体を行わないのか?」

 「発表していないだけで、実は日本国内の感染者の実態は、公表値の10倍位はいるのではないか?」

 「感染者数を少なく偽装したいのか?」

 「オリンピックが終わるまでこの作戦を取るつもりか?」

 

 という厳しい意見が飛び交っている。

 

 という訳で、真偽はどうであれ、今後も確実に増えるであろう新型コロナウイルスによる犠牲者。そろそろ日本側も、パンデミック化が確実な中でこのリアルな現実にきちんと真正面から向き合う必要がありそうだ…。

 ※パンデミック=病気や感染症等が、国中あるいは世界中で流行する事。

 

The following two tabs change content below.
運営Youtubeチャンネルの更新情報を紹介。令和TVでは、あらゆる「世界の闇」に迫った話題を提供しています。内容は主に衝撃・タブー・炎上ニュース・ホラー・オカルト・ミステリー・都市伝説などです。運営人である私「ヨッシー」と、相棒の「よしまる(バーチャル犬担当者)」が共に2人で発信しています。

 今回の記事が何かのお役に立てましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると幸いです。

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 コメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽に感想を書いて頂けたらと思います。(ただ、お手数ですが、スパム防止のため画像認証文字の入力だけお願いします。)

 皆さんの知っている情報や体験談などを書いて頂いて、有益な情報を共有して頂ければと思います!

🔻記事内容に一言突っ込む!or知っている情報(体験談)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、編集スタッフのチェック後に掲載しておりますので、即時には反映はされません。また、暴力的な内容や中傷などを含む投稿は事前に削除しますので、予めご了承下さい。

 

左吹き出し画像

 ただいま準備中です。

 

 ただいま準備中です。

 

 ただいま準備中です。

 
準備中
 

最近のコメント

    error: アラート: コンテンツは保護されています。