中国武漢コロナウイルスの真実・最新情報まとめ(症状,倒れる,日本,都市伝説)[令和TV闇情報]


このページは約16分で読めます。

 

左吹き出し画像

  前回に引き続き、今回も新型コロナウイルスに関連する情報を色々とお伝えして行きます。(今回は解説動画が中心となっています。各所から掘り下げて情報を集めてみました。)

 

 p.s.あくまでも現状を伝える為であり、不安を煽るような目的は一切無いという事だけ事前にご理解ください。それと、次回への励みとなりますので、よければ動画への高評価やシェアの方をよろしくお願いしますm(__)m(コメントもお待ちしております。)

 

 Youtubeチャンネル(令和TV)Twitter(@reiwatv1)を運営しています。「次からも見たい」という方は良ければ登録お願いします。

 

【当チャンネルについて】令和TVでは、あらゆる「人間の闇」に迫った話題を提供しています。内容は主に炎上・衝撃・タブー系ニュースの他に、ホラー・オカルト・ミステリー・都市伝説など。運営人である私「ヨッシー」と相棒の「よしまる(バーチャル犬)」が共に発信しています。


【PR】Youtubeリンク
令和TV

【PR】Twitter
令和TV


スポンサーリンク

 

■引用元(参考元)


○引用元
・(C)Liveleak.com – Coronavirus- Timelapse shows speedy hospital construction
https://www.liveleak.com/view?t=kw2mj_1580293001
(C)Liveleak.com – Urgent Search For People On Coronavirus Infected Bus
https://www.liveleak.com/view?t=kyPi2_1580720807
・(C)Liveleak.com – Drone Army Disinfects Chinese Villages Amid Virus Fears
https://www.liveleak.com/view?t=kb83T_1580893710
・(C)Liveleak.com – Chinese woman spotted covering head with plastic bottle on train during coronavirus outbreak
https://www.liveleak.com/view?t=uXqFp_1580402532
・(C)Liveleak.com – Chinese mother and daughter walk on street covered in huge plastic bag amid coronavirus outbreak
https://www.liveleak.com/view?t=o7n_1580746877
・(C)Liveleak.com – China Cabbie Drives Clients In Full Anti-Virus Suit
https://www.liveleak.com/view?t=YDVJ_1580812818
・(C)Liveleak.com – Man protecting his best friend
https://www.liveleak.com/view?t=sXJ81_1581005895
・(C)Liveleak.com – Driver Scares Passenger Off Bus For Not Wearing A Mask
https://www.liveleak.com/view?t=Ca1kh_1580893957
・(C)@MgOqkzLBRPLCHyN
ttps://twitter.com/MgOqkzLBRPLCHyN/status/1220698980889194503
・(C)@tingdream1
ttps://twitter.com/tingdream1/status/1221064106930659330
・(C)Liveleak.com – China Hospital Patient With Fever Coughs At Nurses
https://www.liveleak.com/view?t=kDKAB_1580720605
・(C)Liveleak.com – Man in China forced into van to be quarantined
https://www.liveleak.com/view?t=artwQ_1580823286
・(C)Liveleak.com – Chinese police smash mahjong tables to stop residents gathering during the coronavirus outbreak
https://www.liveleak.com/view?t=sh5CB_1580400020
・(C)@BridgesCassius
ttps://twitter.com/BridgesCassius/status/1220470058251694087
・(C)Liveleak.com – Three d○○d bodies in Wuhan hospital, no one deals with it
https://www.liveleak.com/view?t=kpIko_1579872346
・(C)Liveleak.com – Medics Beaten To Make Them Work On Saving D○○d Patient
https://www.liveleak.com/view?t=kQYgT_1579854913
・(C)Liveleak.com – Corona Virus: 566 D○○d, 28,364 Cases
https://www.liveleak.com/view?t=kbXtw_1581027197
・(C)Liveleak.com – ○○ the coronavirus was ○○
https://www.liveleak.com/view?t=9Gwyd_1579811039
・(C)【動画解説】新型コロナウイルス 感染力や毒性は? | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200121/k10012253861000.html
・(C)「エアロゾル」で新型に感染?超特大の宴会で拡大か
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000175887.html
・(C)@IntyMedia
ttps://twitter.com/IntyMedia/status/1225535892204511233
・(C)@HimalayaGlobal
ttps://twitter.com/HimalayaGlobal/status/1226269542638182400
・(C)Liveleak.com – Chinese hospital with 1,000 beds completed in eight days to combat coronavirus
https://www.liveleak.com/view?t=uvsum_1580732466
・(C)大紀元時報 – 武漢の隔離施設「毎日、数百人死亡」技師が匿名サイトで書き込み
ttps://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51595.html
・(C)中國大陸民生與維權-負責人:方艙醫院只是隔離點 死了不負責
ttps://www.youtube.com/watch?v=sYCNKZchjvo&t=13s
○参考元
新型ウイルス 感染者3万人超 死者722人 中国保健当局 | NHKニュース
武漢で売られるコアラ、鹿の胎児、針鼠 ネズミ踊り食いも(NEWS ポストセブン)-Yahoo!ニュース
武漢の市場はとても恐ろしい|中国情報局@北京オフィス|note
新型肺炎で注目、中国の野生動物ブラック市場 武漢も重点区域 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
宁波男子未戴口罩买菜被感染!这个过程只用了15秒
专家回应15秒、50秒被感染:关键在于距离与防护措施
新型コロナウイルスで「やってはいけない」5つのNG行動 「N95マスク」を買ってはいけない
中国「新型肺炎、飛沫・接触のほかエアロゾル通じた感染可能」(中央日報日本語版) – Yahoo!ニュース
新型コロナウイルスでフェイク拡散:それは"ビル・ゲイツの陰謀"ではない(平和博) – 個人 – Yahoo!ニュース
新型肺炎、くすぶる「兵器用ウイルス説」 当局に不信感―中国
新型ウイルス「中国が秘密開発した生物兵器」トンデモ説が駆けめぐった一部始終|Business Insider Japan


スポンサーリンク

↓当サイト内の検索にご利用ください↓

スポンサーリンク

 

 滑舌が悪くてすいません。以下、動画の内容を書き起こしているので、聞き取れない箇所(字幕の無い箇所)などがあった時にご利用下さい。(記事の内容によっては、一部伏せ字(○)を使用させて頂いています。) p.s.日々ボイトレをして滑舌向上に努めます~(^o^)/

 

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中国で、この度保健当局である「国家衛生 健康委員会」が、新型肺炎の患者数が約3万4千人に達し、死亡した人数が延べ700人を越えたと発表した。

 ※この動画を編集している現在、感染者は4万2千人、死者の数が合計1011人を越えたと発表された。

 

 状況が最も深刻化している湖北省では、重体患者が約1000人を越えているとも言われ、これに対して中国政府は突貫工事での専門病院の建設や、医療体制の緊急強化を図っている最中だという。

 

 という訳で、今回は「新型コロナウイルスの真実」と第して、中国で投稿された新型肺炎に関する動画を、いくつか解説入りでご紹介して行きたい。

 

 中国の現状は今どうなっているのか? その辺を今から詳しくお伝えして行こう。


スポンサーリンク

 

新型コロナウイルス最新情報まとめ~中国武漢の真実~




 

 こちらは、中国某所で撮影された映像と見られているが、映像内ではドローンが消毒剤を空から散布している様子が映し出されている。

 

 尚、中国では現在、全土に渡りこの様な無人航空機が飛び回っている様子が、各所で目撃されているという…。

 

 こちらは、中国・四川省成都市(せいとし)にある、とある地下鉄内にて撮影された映像と見られているが、ご覧の通り、動画内ではスマートフォンを操作している中年女性が、頭からボトルの様な物を被っている様子が映し出されている。

 

 尚、現在中国では、至る所でこの様なボトルを被った人達が目撃されているという…。

 

 こちらは、中国東部のとある路上で、先月1月29日に撮影された映像と見られているが、ご覧の通り親子が新型コロナウィルス対策の為か、傘の上から巨大なビニール袋を全身を覆い隠すかのように被り、道を歩く様子が映し出されている。

 

 最高の自衛手段とでも言うべきか。こちら中国の北京にて、先月1月25日に旅行者によって撮影された映像と見られているが、映像内ではタクシーの運転手がゴーグルにマスク、除染スーツという完璧な出で立ちで、車を運転している様子が映し出されている。

 

 また、センターコンソールには、ウイルスの殺傷に効果的であるとされている、消毒用ボトルなども完備されている。

 

 こちらは、中国某所の生鮮市場にて撮影された映像と見られているが、ご覧の通り、飼い主の男性と共にマスクを着用し移動する犬の様子が映し出されている。親友の命を守ろうとする、決意の深さが感じられる映像だ。

 

 こちらは、中国・南寧市のバス会社の防犯カメラ映像と見られているが、映像ではマスクを着用せずにバスに乗り込もうとした女性客に対し、運転手の男性が温度計を銃の様に見紛わせ、乗車を阻止しようとしている様子が映し出されている。

 

 尚、この女性は、その後振り返りながら何度も怪訝そうな表情を浮かべたあとに、バスに乗車する事を諦めた…。

 

 現在、中国では新型コロナウイルスに対する様々な自衛手段が地域レベルで取られているようだが、その中でも、今 湖北省周辺で展開されている映像の様な大規模な道路封鎖作戦が大きな話題を呼んでいる。

 

 こちらは、先月1月27日に中国湖北省のとある病院で撮影された防犯カメラの映像と見られているが、映像内では訪れた患者の内一人がマスクを外し、看護師の顔に対して意図的に咳を吹きかける様子が映し出されている。

 

 尚、原因については、貧しさ故に薬を購入する事が出来なかった為であると言われているようだが、詳細は不明だ…。

 

 こちらは、中国某所にてつい最近撮影された映像と見られているが、ご覧の通り、映像内では新型コロナウイルスの疑いのある男性が、防護服を来た男性達数名によって強制的にバンの中に押し込まれる様子が映し出されている。

 

 現在、専門の受け入れ施設が常に満員状態であると言われている中、このあと彼はどこに連れて行かれるのであろうか…?

 

 こちらは、2020年の1月28日に、中国・安徽省馬鞍山市(あんきしょうまあんさんし)にて、営業禁止命令に違反した雀荘に警察が入り、その後麻雀卓が破壊される様子が映し出されている。

 

 尚、今回の措置は、コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、人々が一箇所に集まるのを防ぐ為だったという。そんな事もあり、その後突入した警察から「命はいらないのか?」と、プレイヤー達に対して投げかけられる一幕などもあった…。

 

 こちらは、今年の1月にとある病院で撮影された映像と見られているが、映像内では、中国人医師が衛生局の職員に対して「病人で溢れ返っているのに何故追加の医師が来ない?」と、怒りの言葉を投げかけている様子が映し出されている。

 

 尚、こちらの映像では、新型肺炎患者の急増に対し病院の受け入れ能力が追い付いていない様子が映し出されている…。

 

 こちらは、今回の新型コロナウイルスの拡散元である、中国・武漢市の「華南海鮮市場」の閉鎖前に撮られた画像と見られているが、この看板画像を見ても分かる通り、実際に蛇やアナグマ、コウモリやハリネズミといった野生動物の数々が取引されていた事が分かる。

 

 尚、華南海鮮市場の東区では、このような「野味」系のメニュー表を掲げた店がいくつもあり、そこでは謎の肉片が放置され、尚且つその肉からにじみ出た血液が、道路上を赤く染めているという…。

※野味(やみ=野生動物の食材)

 

以下、ヤフーニュースより一部引用

 食文化は国によって違って当然だが、不衛生な野生動物は、ウイルスを媒介するリスクがある。

 

 「新型コロナウイルスを持つコウモリを食べた人や、コウモリを食べたヘビを食した人が感染したという説があります。また、市場でコウモリなどを処理した際、飛び散った血や排泄物が人間の手などに付着し人体に入ったともいわれます」(前出・中国人ジャーナリスト)

 

 動物からヒトへの感染は大きな危険を伴う。自治医科大学附属病院感染制御部長の森澤雄司医師はこう話す。

 

 「野生動物はウイルスを宿すことがあるので、衛生的な環境で屠殺して精肉しないと、ウイルスがヒトに伝染する可能性があります。しかも本来はヒトにうつらないウイルスが偶然にも感染した場合、ウイルスとヒトの相性によって思わぬ感染力や毒性の強化につながる恐れがあります」

 出典:武漢で売られるコアラ、鹿の胎児、針鼠 ネズミ踊り食いも(NEWS ポストセブン)-Yahoo!ニュース

 

 また、とある専門家の話では、現状ではそこまで強く無いとされる毒性も、今後感染者が増えて行く中で(ヒト-ヒト感染して行く中で)強くなって行く可能性があるという事も指摘されている。

 

 さて、中国の一部メディアによると、2020年2月6日に中国・浙江省寧波市(ねいはし)に住むとある56歳の男性が、市場で買い物をしている最中に何と約15秒間という短時間の間にコロナウイルスに感染したというニュースが報道され、今ネット上では大変話題になっている。

 

 男性は、これまで「非疫区」に居住し、尚且つ渡航歴や野生動物などとの接触歴もなく区内の感染患者との面識も無かったというが、今回新型肺炎の確定患者と同じ屋台の中で約15秒間過ごしたというだけで、感染してしまったのだという…。

 

 また、似たようなケースで約50秒で新型コロナウイルスに感染してしまったという症例などもあるようだが、この短時間で類似性の高い2つのケースでは、とある共通点が指摘されているという。

 

 中国疾病管理予防センターの主任専門家である「ウー・ズニョウ」氏はよれば、感染するかどうかは、患者からの距離と事前の予防措置が取られているかどうかに左右されるという事だ。

 

 つまりは、マスクなどの保護対策無しで会話・咳・くしゃみなどをしている患者の近くにいると、感染しやすくなるという事になる。

 

 また、最近では飛沫感染や接触感染だけではなく、エアロゾル感染(空気中に浮遊する微粒子)するといった情報も新たに出回っている。

 

 という訳で、唾液や鼻水といった飛散物(飛沫感染)を防ぐ上で、マスクは感染者・非感染者に関わらず重要となってくる訳だが、この他にも、マスクには鼻や喉の粘膜に対する保湿効果があるとも言われている為、やはりウイルスの侵入しにくい健康体の維持には、欠かせないものであると言えそうだ。

 

 何にしても、今後日本での更なる感染拡大も懸念されている現在、最低限の防衛策は少なからず一人一人取って行く必要があるだろう。

 

 さて、ネット上ではコロナウイルスの生物兵器説が流れているが、ここで個人的な見解をこれまで知り得た情報と共に、要約してお伝えする。

 

1.海外の複数の大手タブロイド紙(デイリー・メールなど)などの記事は、あくまでも生物兵器は可能性の話で断定的では無い。(デイリー・スターは後に「動物市場が発生源とされている」と訂正文を出している。)
2.ビル・ゲイツ財団・インドの研究者・イスラエルの元情報機関職員の話など、どれも不確実性が高くそれを裏付けるほどの根拠が無い。
3.「コロナウイルス」は単一の病原体ではなく、複数のウイルスからなる病気である。
4.生物兵器(新兵器全般)は、研究開発において実用性が高いものが選ばれる傾向にあり、それ以外に予算が付くことは殆ど無い。
5.天然痘ウイルスや炭疽菌など、アメリカ疾病管理センター(CDC)がリストアップしている「生物兵器使用危険度リスト」入りしていない事を鑑みても、単純に生物兵器としては向かない可能性が高い。
6.ゲノム編集などの遺伝子改変技術で、毒性を高めたり実用性を上げる事は可能だが、コロナウイルスはその痕跡が無い事から、人工的に開発されたものである可能性は極めて低い。

 

 という訳で、生物兵器説については可能性としては無きにしもあらずかとは思うが、上記の理由から限りなく低いと見ている。よって、現時点では信憑性の高い、生鮮市場の野生動物からの感染拡大説が最も有力と見ている。

 

 何にせよ、情報を得ていく中で、信頼性の高い情報とそうでない情報をしっかりと見極め、そこから各々きちんと取捨選択して行く必要があるだろう。そのように私は思っている。

 

 こちら、新型コロナウイルスに感染した夫婦が抱き合い、その後当局関係者と見られる警備員によって金属隔離箱のボックスの中に入れられ、そのまま連行されてしまう映像だ…。(詳細は動画の方を御覧下さい。)

 

(子供)「捕まったよ」
(母親)「中に入って行くね」
(母親)「わ~怖すぎる…」
(子供)「捕まるの嫌だよ…」
(母親)「でも彼らは病気だからね…」
(子供)「どこに連れて行かれるんだろう…?」

 

 こちら、感染者の男性が電話口で「もう爆発寸前だ!警察に○して欲しい!」と、泣き叫びながら嘆願する問題映像だ。

 

「あ~誰のせいにしたらいいんだ…」「私はもう爆発寸前だ!!」「爆発しそうなんだよ!!」
「もう耐えられない! あ~御天道様!!」「人○しにでもなりたい気分だよ!!」
「○したら、警察に一発で私を仕留めて欲しい!!」「精神崩壊しそうなんだよ…」

 

 さて、先日約10日間という短期間で、中国・武漢に、中国・武漢に新型コロナウイルスによる肺炎患者を専門的に受け入れる施設である「火神山医院」が完成し人民解放軍に引き渡されたが、ここに来て何やらこの病院に勤めているという実験室技師が、海外の掲示板である4chan上に日付入りの証拠写真と共に、「院内ではほぼ毎日、200~400人程の遺体が軍部によって運び出され、そこから直ちに新しい患者が入室している」という暴露情報を書き込んだという。

 

 この事は、海外の大手グループメディアサイトである、「大紀元時報」によって報道された。

 

 尚、この火神山病院は中国軍が管轄し、尚且つ院内警備は兵士が行い情報統制なども強い事から、一部では「強制収容所」と例えられているという…。

 

 こちらは、同じく武漢にある、新型コロナウイルスの肺炎患者を専門的に受け入れる施設である、洪山体育館内の映像だ。

 

 あまりの患者の数の多さに、もはや対処出来ずに集めて閉じ込めるしかなくなってしまったのであろうか? この施設では医療行為は無く、単なる「隔離施設」という説明が責任者によってなされている。

 

(責任者)「重症患者は受け入れない!」
「身の回りの事など自分で出来ない人間も駄目だ!」
「歩けないとか身の回りの事が出来ないとか、ここは病院じゃない!」
「ここは隔離施設だ!」
「何か起きても誰も責任は持たないし、もちろん我々も責任を負うことは出来ない!」
「何度も強調しているが、ここはただの隔離施設だ! ここは病院じゃない!」
「ここに入ったら中で安心するだけで、出ることは出来ない」
(男性)「注射とかはどうするんだ?」
(責任者)「ここには何の医療設備も無いし無理だ。」
「この点については、ハッキリ知っておいた方がいい。」

 

The following two tabs change content below.
運営Youtubeチャンネルの更新情報を紹介。あらゆる「人間の闇」に迫った話題を提供しています。内容は主に衝撃・タブー・炎上系ニュースの他に、ホラー・オカルト・ミステリー・都市伝説など。運営人である私「ヨッシー」と相棒の「よしまる(バーチャル犬)」が共に発信しています。

 今回の記事が何かのお役に立てましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると幸いです。

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 コメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽に感想を書いて頂けたらと思います。(ただ、お手数ですが、スパム防止のため画像認証文字の入力だけお願いします。)

 皆さんの知っている情報や体験談などを書いて頂いて、有益な情報を共有して頂ければと思います!

🔻記事内容に一言突っ込む!or知っている情報(体験談)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、編集スタッフのチェック後に掲載しておりますので、即時には反映はされません。また、暴力的な内容や中傷などを含む投稿は事前に削除しますので、予めご了承下さい。

 

左吹き出し画像

 ただいま準備中です。

 

 ただいま準備中です。

 

 ただいま準備中です。

 
準備中
 

最近のコメント

    error: アラート: コンテンツは保護されています。